商品先物取引

メガヒットの予兆を見逃すな!既存分野のニッチなテーマでも大きく稼ぐことが出来ます!

小さな世界で大きく儲ける!ニッチワールドへようこそ!

先物取引・先物投資


投資の分野ではニッチな先物投資。

先行者利益もまだまだあり、投資で生計を立てている人達だけに儲けさせて置くにはもったいない話です!


先物取引とは
将来の売買についてあらかじめ現時点で約束をする取引のことです。

現時点では売買の価格や数量などを約束だけしておいて、将来の約束の日が来た時点で、売買を行います。

前もって売買の価格を決めておくことができるので、価格変動する商品の売買につきものの価格変動リスクを回避できるという利点があります。

これがリスクヘッジ=将来の不確定要素の排除です。

先物取引は、こうしたヘッジを実現するため、いくらになるか分からない将来の価格を確定し、心配の種をできるだけ小さくするために活用されます。

先物取引を用いたヘッジには、買いヘッジと売りヘッジがあります。


■買いヘッジ

将来、商品を購入する予定があるけれども、価格が値上がりする恐れがある場合、先物取引で現時点において価格を決めて買う約束をします。

このように、先物取引で買う値段をあらかじめ確定し、その商品の値上がりリスクをヘッジすることが、買いヘッジです。

その商品の市場価格が、予期したとおり購入時点で値上がりしていたとしても、先物取引によって約束した価格で購入できます。


■売りヘッジ

将来、商品を売却する予定があるけれども、価格が値下がりする恐れがある場合、あるいは、市場価格の下落とともに現在保有している資産の価値が目減りしてしまう恐れがある場合、先物取引で現時点において価格を決めて売る約束をして、値下がりのリスクをヘッジします。

これが売りヘッジです。


実は儲けるチャンスが大きい商品先物取引

先物取引・先物投資って?

■〜先物取引のイメージ〜


Aさんは先日ジュエリーショップでステキなプラチナダイヤモンドリングを見つけ、
来年こそはボーナスが入ったら買おうと心に決めました。

価格は10万円だったので日ごろの生活から比べるとちょっと奮発です。

ただし、宝飾の原材料となるプラチナやゴールドの価格は常に変動していますから、
宝飾店のきらびやかなジュエリーも原材料の貴金属の相場に影響されて値上がり値下がりします。

ですから、Aさんはプラチナダイヤモンドリングを買う決心をしたものの、1年後の価格が気がかりです。

現在の10万円であれば買えるけど、来年になってこれ以上値上がりしたら諦めざるを得なくなります。

そこで本日、ジュエリーショップに行って、来年プラチナダイヤモンドリングを買うことを
あらかじめ予約しておくことにしました。

本日は手付金としてお金を少し支払っておけば、
来年のボーナスでプラチナダイヤモンドリングを購入できるのです。

その価格は本日10万円と決めてしまうので、
値上がりしてしまうかもしれないという心配はなくなります。

宝飾店のオーナーは、来年は商品が値下がりするかもしれないと考えていれば
この予約を受けるでしょう。
オーナーにとっても宝飾品の価格変動は心配の種だからです。

さて1年後、Aさんはもらったボーナスで10万円と手付金の差額を支払い、
念願のプラチナダイヤモンドリングを購入することになります。

これで目的は達成です。

ただそのときの店頭価格がどうなっているかも、気になりますね。

パターン(1) 値上がり

心配していたとおり、プラチナダイヤモンドリングの価格は12万円に値上がりしていました。

でも予約していたから大丈夫。10万円で購入できます。

この場合

   12万円−10万円=2万円
 店頭価格より2万円ほど安く買うことができます。


パターン(2) 値下がり

プラチナダイヤモンドリングの価格は8万円に値下がりし、
宝飾店の店頭で8万円で買えるようになっていました。

しかし残念ながら先物取引の予約の取消はできませんから、
10万円を支払い買うことになります。

「予約なんてしなければよかった・・・」と思っても、今さらしょうがありません。

この場合

   8万円−10万円=−2万円
 店頭価格より2万円ほど多く支払わなくてはなりません。


値下がりした場合にも10万円で買わなければならないなんて損だから、
Aさんがおこなったこの予約は無意味だと思うかもしれません。

しかし予約時点では、1年後のプラチナダイヤモンドリングの価格が
10万円より値上がりしているか値下がりしているか、分からないのです。

価格が分からないからこそ、この予約には大きな意味があります。

Aさんにとってみれば、10万円より値上がりしてしまったらプラチナダイヤモンドリングを
諦めなければならないという悲しい事態を避けることができたわけです。

Aさんはプラチナダイヤモンドリングが値上がりしてしまうリスクに対して、
前もって予防策を講じたのです。

言い方を換えれば、Aさんにとってこの予約は
買いヘッジというリスクヘッジ手段として有意義だというわけです。





無理なく安定的に稼げる本物の先物投資方法はこちらです!
見るだけでもお得です!

40歳からの負けない先物取引ー実験物理学的投資法


この投資法は、「負けない」ことを前提とし、商品先物という、リスクの高い商品を扱いながらも、安全で確実、を基本に置いています。

おそらく誰も試みたことの無い、実験物理学的分析でのスプレットサヤ取り法で、いわば、数字をこつこつ拾っていく、囲碁の要領の投資術です。

作成者の松下志郎は多額の借金返済を目的に、投資を選び、その為にギャンブル性を決して求めず、少しでも安全有利に増やしていける方法を長い時間掛けて、完成させました。

結果、3年間で3800万円の利益を生むことに成功しました。

大学で実験物理学を専攻していた松下はある時、相場を検証することは、物理実験の検証と同じ行為であることに、ふと気が付いたのです。

そして偶然にも、先物取引相場表の嘘を見つけ出し、
 1)市場の本来の姿が発見 
 2)相場の動きが得意とする実験物理学の原理に似ているの二点を切り札に、研究に没頭、寝る間も惜しんで、検証し続け、ついに「先物取引のデータを、独自の視点で読み解く」ことに至ったのです。

サヤ幅が変化するのは人的要因がほとんどなので明解で、サヤ取り手法は、サヤ幅変化だけに注目していれば利益を生み出せる、実に簡単な投資法です。

動く時は、1日のうち10分だけ。
このタイミングさえ外さなければ、パソコンの前にへばりつく必要もなく、動かない時は仕掛けないから、大損する危険に遇うこともありません。

そのタイミングを確実に掴むことができるのが、松下が作り上げたスグレモノの分析表です。

この分析表が、いち早く動きをキャッチし、トレードのタイミングを知らせてくれ、松下は負けないトレーダーに変身することが出来たのです。

バージョンアップ版は、WEBと連動したリニアモニター始め、自分でサヤ表を作成する手間が要らず、すぐにトレードを開始できる数々のエクセルデータを付属し、より分かりやすく、より確実性を高め、発売に至りました。


ニッチビジネス市場 隙間産業 メガヒット先行者利益のニッチワールド ドットコム〜小さな世界で大きく儲ける〜のTOPページへ戻る

クリックしてもページやコンテンツが開かない場合は、お使いのパソコンのポップアップブロック機能を解除してご利用下さい。

HOME 情報起業 オークション 中国株 新規公開株 競馬資産運用法 外国為替証拠金取引 先物取引
趣味起業 中古車販売 恋愛の達人 アフィリエイト 商材発見法 ドロップショッピング
© 2005 www.niche-world.com All rights reserved.

ニッチビジネス紹介のニッチワールドドットコム ニッチ市場 隙間産業 ニッチビジネスで儲けよう!